社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

海外のオフィスでよく見かける“フリースペース”
環境を変えたい時や業務に集中したい時など、様々な使用用途で便利に使え、
仕事のパフォーマンスやクリエイティビティUPも期待できるので、
オフィス改装やリフォームを機に新設するのはおすすめです。

フリースペースを設置するメリットは他にも色々あります。
例えば、従業員の勉強や調べものスペースとして使えたり、
公式の会議でなく、軽いミーティングにも使用可能、
さらに、レイアウトやデザインを工夫することで、社内コミュニケーションを
深める場所としての活用や、社内外のセミナーやイベントスペースにすることも
できるのです。

“うちのオフィスは狭いからそんなスペースは確保できない”と、
最初から諦めてしまうのは早いかもしれません。
限られた広さでも、レイアウト次第で通路や執務室内に“フリーコーナー”として
作れることもありますので、ぜひ一度ご相談くださいね。

ここで、より居心地のよいフリースペースを作るために、
心得ておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。
…………………………………………………………………………………………………
①フリースペースにおけるメインの使用目的を明確にする
…………………………………………………………………………………………………
業務や勉強が中心か、セミナーやイベント用か、はたまたランチや交流の場
としても活用するのか?主要用途によってレイアウトや、設備、家具選びが
変わってきますので、フリースペースといえども、ある程度目的は絞っておきましょう。

…………………………………………………………………………………………………
②執務スペースとはイメージを変える
…………………………………………………………………………………………………
せっかくのフリースペースなので、通常の業務環境とは違いある、
気分が変わるようなデザイン性の高い空間にするのがオススメです。
時計や壁紙、床、椅子やテーブルなども、
ちょっと質の良いもの、おしゃれなものを選びたいところです。

…………………………………………………………………………………………………
③使用ルールを作る
…………………………………………………………………………………………………
せっかくフリースペースを作っても、結局あまり使われていない、
または常にいっぱいで使えないという状況になるのはもったいないです。
有効利用するためにも、使用可能時間や使用規則などを予め決めておきましょう。
また、お掃除ルールなども決めて気持ちよく使い続けたいですね。

…………………………………………………………………………………………………

それでは最後に参考にしたいフリースペースデザイン事例を6つご紹介します。

目次

窓面に面した開放感あふれるフリースペース事例

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

窓面はもっともリフレッシュ効果が高められる場所の一つなので、 フリースペースとして活用するのはオススメです。
また、上記のようにカウンター形式にすることで座席数を多く確保できると共に、 集中力も高められ、外の景色も堪能できますね。
さらに、身体をリラックスできるソファも中央に設置しており
全体的にバランスよく、また居心地も良い空間に仕上がりました。

読書や勉強の場として活躍するフリースペース事例

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

壁一面に設置された本棚が印象的な空間です。
このような社内ライブラリーでは、ビジネス本だけでなく、小説やアート・写真集、 料理レシピなど幅広いジャンルのものを置くことで、クリエイティビティを高められます。

デザイン面では、カラフルなイスや、おしゃれな時計、幾何学的な柄の壁紙などを 使うことで、楽しい空間を演出しています。
また、丸くポップな照明で部屋を明るくしたり、透明のガラス壁を使用することで、 個室の圧迫感も緩和させています。

一人集中空間を中心にデザインされたフリースペース事例

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

部屋全体は、森の中をイメージしてデザインされていますね。
メインカラーをグリーン系に統一し、壁面には木々のグラフィックが施されています。
また、部屋の中に、観葉植物や鳥の巣を思わせるデザインの照明を設置、
さらに個室の壁にも、木々のグラフィックを施すことで空間が演出されています。

何気なく設置されているように見える個室も、閉鎖的になりすぎない形と、 隣席が気にならないレイアウトにし、工夫されています。

様々な用途に使える個室スペースを施したフリースペース

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

こちらは、同じ個室でも一人業務だけでなく、2,3人の少人数ミーティングにも 使えるように作られていますね。
空間全体は、空を飛んでいる、気球、ヘリコプター、宇宙船がイメージされています。 気球はオープンな作り、一方ヘリコプターと宇宙船は完全個室で、集中できるように デザインされており、TPOに合わせて使い分けができる、ユーザービリティにも 優れたスペースです。

床に施された空の柄、天井に施された白い雲、宇宙船のそばに置かれた宇宙人の オブジェが遊び心溢れています。

通路に設置されたフリーコーナー事例

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

フリースペース用の部屋を確保出来ない場合でも、上記のような通路や執務室内の 空きスペースに設置できる場合があります。

その際には出来る限り使用する人がリラックスできて、開放感ある場所を選びたいところです。
上記のように窓面の通路を利用する場合には、何時でも気持ちよく使えるよう、
直射日光を調整できるアイテムがあると便利ですね。
また、空きスペースを活用する場合は、サイズの小さい家具を選ぶことで、全体の空間に違和感なく、きれいに収まります。

フリーコーナーは、多くの人の目につく場所になるので、デザインや色などは
ちょっとおしゃれなもの設置したいところ、ブラインドも上記のように木目調に
することで、事務的でなくカフェ風の空間になって素敵ですね。

レクリエーションルームとしても使えるフリースペース

社員が喜ぶ♪オフィスに居心地のよいフリースペースを作る3つのポイント

最後は、広い空間を活かして公園がデザインされたフリースペース事例です。
リラックスしたい時やレクリエーション活動、気軽なミーティングや一人業務など
幅広い用途で使えるスペースとして作られていますね。

自然光だけでなく多数の照明を設置し、壁も白を選択していることで
全体が明るい雰囲気になるように空間演出されており、居心地も良さそうです。

ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00