コストを抑えて今すぐ移転したい企業にオススメ「オフィス居抜き物件」

オフィスの居抜き物件を紹介する不動産企業が増えてきました。

オフィスは、独自性とデザイン性の高い空間をゼロから作るもの…というが主流だったこれまでの流れを大きく変える動きです。

しかし、オフィスの居抜き物件は良い面も注意すべき点もあります。
また、おすすめする企業もしない企業もあります。

今回は、これまで多くのオフィス移転に関わってきたプロとして、オフィス居抜き物件の活用ポイントを解説したい思います。

目次

今が狙い目!?コロナで急増するオフィスの居抜き物件とは?

コストを抑えて今すぐ移転したい企業にオススメ「オフィス居抜き物件」

居抜き物件オフィスとは、これまで入居していた企業が使っていたオフィス家具や設備、内装などをそのまま使用できる物件のことです。

これまでは、店舗における居抜き物件が多かったのですが、最近はオフィスでも増えています。
その要因は新型コロナウイルスの拡大にあります。
新型コロナウイルス感染拡大予防のために、テレワークを導入する企業が増えて、これまでのように社員全員がオフィスに集まることが少なくなりました。
その結果、広いオフィスが無駄になっており、縮小移転しようという動きが活発になってきたのです。

ただ、こだわって作り込んだ広いオフィスは原状回復するにもコストがかかります。
中には、コロナ直前に新しいオフィスを作ったばかり…という企業もあります。

そこで少しでも余分なコストをかけずにオフィス移転するために、今のオフィスを居抜き物件として使用してくれる先を探す企業が増えてきたのです。

今居抜き物件の入居先を探している企業は、早く貸し先を見つけたいと考えており、格安でリリースしているケースも多いです。

多くのコストをかけずにおしゃれなオフィスに移転したいとお考えの企業にとって、居抜き物件オフィスは、今がまさに狙い目と言えるでしょう。

オフィスの居抜き物件をおすすめする企業とは?

コストを抑えて今すぐ移転したい企業にオススメ「オフィス居抜き物件」

居抜き物件オフィスは、オフィス移転の初期コストを大幅に抑えられる他、契約が決まればすぐに入居できるので、“オフィス環境をすぐにでも変えたい”と考えている企業にはぴったりです。

ここからは、居抜き物件の検討を特におすすめする企業を解説したいと思います。

●これまでシェアオフィスを活用してたスタートアップ企業
スピードを重要視するスタートアップ企業にとって、契約から数週間で新しい場所で業務を開始できる居抜き物件オフィスは魅力的です。新しい家具の購入や、内装等のデザインに工数やコストがかからないのもポイントです。

●デザインにこだわりがない
オフィスの居抜き物件は、デザイン性の高い物件が多いです。
デザインにこだわりがなかったり、思い浮かばないという企業は、すでに作り込まれた空間から選ぶというのも一つの方法です。

●30坪以下のオフィスをお探しの企業
30坪前後の広さの場合、レイアウトの選択肢が限られているため、改装してもあまり変わらないケースが多いです。
居抜き物件を利用することで、レイアウト設計費や仕切壁設置費用などが抑えられるのでお得です。

●短期間利用を検討している企業
今後オフィスを移転する可能性がある、あるいは一時的に使えるオフィスを探している、という企業は、余計なコストをかけずに入居できる居抜き物件がおすすめです。
ただし、退去時には現状回復工事が必要な場合もありますので、そちらは認識しておきましょう。

オフィスの居抜き物件を利用する上で気をつけるべきポイント

コストを抑えて今すぐ移転したい企業にオススメ「オフィス居抜き物件」

しかし一方で、オフィスの居抜き物件がすべての企業におすすめというわけではありません。
これまで弊社が耳にした話の中には、居抜き物件に決めたものの結局そのままは使用できず、大幅な改装工事を加えることとなり、結果予想以上の追加コストがかかってしまった…というケースもあります。

ここから、居抜き物件を選ぶ際に気をつけるべきポイントを5つに分けて解説します。

●これまで入居していた企業の業種や業務内容を知っておく
業界によっては、オフィスに独自の設備が必要なところもあります。
例えば士業の場合は、防音や防犯設備を通常より強固に行う必要があり、その結果家賃が通常より高くなっている…というケースもあります。

おすすめは、似た業界の居抜き物件オフィスを探すことです。
レイアウトや会議室の数など、希望と近い形で作られている可能性が高いです。

●内装やオフィス家具の使用期間を確認しておく
居抜き物件オフィスの中には、一見きれいな内装に見えても使い始めると壁が剥がれたり、家具がすぐに壊れてしまう可能性もゼロではありません。
見た目だけで判断せず、不動産業者に使用期間をしっかり確認しておくことが大切です。

●退去時は原状回復工事が必要な場合も…
居抜き物件オフィスは、入居時は内装コストがかかりませんが、物件を出る際には、原状回復工事が必要なケースもあります。
契約内容は事前に細かく確認しておくようにしましょう。

●物件を探すのに時間と手間がかかることも…
今居抜き物件オフィスが増えているとはいえ、希望に沿った物件に出会えないこともあります。
また、人気の物件はすぐにお申し込みが入ってしまう可能性が高いです。

良い物件を抑えるためにも、複数の不動産企業に登録しておいたり、SNS等をチェックしたりするなど、こまめに情報収集すると共に、気になる物件が出た際には、すぐにアクションするようにしましょう。

●必要であれば、追加工事も検討しよう
居抜き物件オフィスと言っても、改装工事を行えないというわけではありません。
自社に合わせて、アレンジすることも可能です。
弊社では、居抜き物件を元にした改装プランをご提案することも可能ですので、お困りの際は、ぜひお問い合わせください!

▼お問い合わせ先はこちら▼
https://work-design.co.jp/contact/

ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00