プロが解説!オフィス家具のサブスクリプションサービスの賢い利用法

政府が率先して進めてきた働き方改革や、新型コロナウイルスの影響によって、オフィスの在り方は、目まぐるしく変化しています。

社員にとって働きやすく、生産性が高まるオフィス環境とは何か?
その定義もこれからさらに変わっていくと予想されます。

そのような中で今注目されているのが、「サブスクリプションサービス」です。

定額制で、状況に合わせて利用商品・サービスを自由にチェンジできるサブスクリプションは、加速する働き方・働く環境の変化に適応していく上で、とても有効な仕組みと言えるでしょう。

そこで今回は、主にオフィス家具のサブスクリプションサービスにフォーカスして、その意味や、オフィスデザインのプロとして考える利用のメリット・デメリット、賢い活用法などを解説いたします。

“オフィス環境の見直しをご検討中の方は、ぜひご参考にご一読ください!

目次

オフィス家具のサブスクリプションサービスとは?

プロが解説!オフィス家具のサブスクリプションサービスの賢い利用法

今オフィス家具のサブスクリプションサービスに注目が集まっています。

弊社にも最近、とある企業様から下記のようなお問い合わせがありました。
“これから新しい事業を始めるために、ゼロからオフィスを開設しようとしているのだけど、融資が下りず予算が確保できなかった。少ない予算でもオフィスを作る方法はないだろうか?”

通常オフィス家具をすべて買い揃えるとなると、少なくとも数十万円、広さによっては数百万円かかることも多いです。
しかし、サブスクリプションサービスを利用すれば、それらのコストを分散させることができ初期費用が大幅に抑えられるのです。

●サブスクリプションとは?
サブスクリプションとは、商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払うビジネス方式のことです。
「物を所有する」ことではなく、「体験する」ことに価値を置くようになった現代の傾向に、とてもマッチしている仕組みといえます。
実際多くの人が利用しているサブスクリプションサービスとしては、「amazonPRIME」や「Apple music」TOYOTAの「KINTON」や「アドビシステム」などがあります。また最近は飲食店や漫画購読、洋服、クリーニングなど様々なジャンルへと広がりを見せています。

●オフィス家具のサブスクリプションサービス
オフィス周りでも様々なサブスクリプションサービスが立ち上がっていますが、その中でも家具はもっとも需要が高い分野と言えるでしょう。
これまでのオフィス家具は、購入コストや処分コストがかかるため、度々買い換えられるものではなく可動性の低いものでした。

しかし、サブスクリプションサービスを利用することによって、予算の限られた企業でも最新のオフィス家具を利用することができ、手軽に交換してオフィスをインテリアチェンジしたり、移転時の手間も大幅に抑えられたりするようになったのです。

●サブスクリプションサービスとリース・レンタルとの違い
サブスクリプションサービスについて、よく質問されるのがリース・レンタルとの違いです。
最大の違いは、契約期間中に利用商品・サービスを変更できるかどうかという点でしょう。

多くのサブスクリプションサービスは、変える権利がありますが、リースやレンタルの場合は決まった商品・サービスしか
利用できません。
契約期間にも違いがあります。一般的にレンタルは1~3ヶ月と短く、リースは数年単位と長くなります。その中間に位置しているのがサブスクリプションサービスです。

オフィス家具のサブスクリプションサービスを利用するメリット・デメリット

プロが解説!オフィス家具のサブスクリプションサービスの賢い利用法

ここからは、これまで様々なオフィスデザインの携わってきたプロとして考える、オフィス家具のサブスクリプションサービスに関するメリット・デメリット、またオススメする企業、検討が必要な企業を解説したいと思います。

●メリット・オススメする企業
オフィス家具のサブスクリプションサービスを利用する主なメリットは下記です。
※下記は、各サービスの仕組みによって変わりますので予めご了承ください。
・事前の書類審査などがなく、誰でも気軽に利用できる
・初期費用をかけずに、新しい家具・おしゃれな家具を導入することができる
・オフィス移転の際に、買い替えのコストや古い家具の処分費用がかからない
・購入の場合固定資産として計上されて税金がかかるが、サブスクリプションサービスの場合は経費として計上できる

オフィス家具のサブスクリプションサービスは、数年単位でオフィスを見直される企業や、組織体制が変わる企業、初期費用を抑えたいスタートアップ企業などには特にオススメです。

●デメリット・検討が必要な企業
オフィス家具のサブスクリプションサービスを利用する主なデメリットは下記です。
※下記は、各サービスの仕組みによって変わりますので予めご了承ください。。
・サービスによって、選べる家具に限りがある。
・長期間同じオフィス家具を使用する場合には、余分なコストが発生し続ける可能性がある。
・高額家具の場合、オフィスデザイン会社を通すことで購入時に値引きできる可能性があり、その場合は、サブスクリプションサービスより安くなる可能性もある。
・サブスクリプション提供側が何らかの理由でサービスを停止したり変更したりした場合、否応なく契約側はサービスを利用できなくなる

オフィス家具のサブスクリプションサービスは、高級家具を導入されたい企業や設置したい家具がすでに決まっている企業、オフィス移転やリフォームを頻繁に行われない企業などには、あまりオススメできません。

大型家具だけじゃない!オフィス周りの様々なサブスクリプションサービス

プロが解説!オフィス家具のサブスクリプションサービスの賢い利用法

オフィス家具のサブスクリプションサービスには、イスやデスク、収納棚といった大型家具だけでなくオフィス周りの様々なインテリアにも展開されています。

●オフィスアートのサブスクリプションサービス
ZOZOTOWNのオフィスに飾られていた、バスキアやアンディーウォーホールで話題になりましたが、オフィスにアートを飾るのは、最近流行りのインテリアの一つです。

ただ、どのようなアートが良いか分からない…すぐに飽きてしまいそう…と尻込みしている方も多いと思います。
そんな企業におすすめなのが、アートのサブスクリプションサービスです。
お好みに合わせて、オフィスアートを定期的に取り替えることができるので、究極の1品に高額を支払う必要がなく、手軽にイメージチェンジをはかることができます。

●オフィスグリーンのサブスクリプションサービス
オフィスの観葉植物を季節に合わせて着替えることができるサービスです。
オフィスの広さによって様々な料金プランがあり、また鉢もおしゃれなものをコーディネートしてもらうことができます。
メンテナンスも一切おまかせ、水やりの必要さえないことが多いです。

新品のオフィス家具にこだわるならここ!「subsclife」のご紹介

ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00