【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

オフィス移転やオフィスリフォームを考える際に、デザインと一緒にぜひ見直して頂きたいのが、オフィス内のセキュリティ対策です。

お客様の中には、“うちは広いオフィスじゃないから、入室管理システムや監視カメラなどは必要ないだろう”と考えられている方も多いのですが、多発している情報漏えい問題や、昨年起こった不審者侵入によるオフィス放火事件などを見ていると、企業規模やオフィス面積に限らず、オフィス内のセキュリティ対策は必要です。

ただ、それぞれのオフィスにとってベストなセキュリティ対策は、業務内容やオフィスレイアウト、コストによって変わってきます。

そこで今回は、様々なオフィスのセキュリティ対策方法をご紹介した上で、オススメのオフィスセキュリティツール3選をご紹介します。
社員が安心して働けるオフィス環境を整えるためにも、ぜひご参考にご覧ください。

目次

オフィスデザインの際に知っておきたい、セキュリティ対策最新事情

【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

オフィス内のセキュリティ対策といえば、エントランスから執務室への入り口に入室管理システムを設置している、という企業が多いと思います。
しかし、実際にはそれだけでは不十分なことも多く、サーバ室、資料室、役員室、会議室などの各部屋、また、重要な資料が保管されている書類棚にも収納セキュリティが必要です。

オフィス内のセキュリティシステムで使われている“カギ”といえば、これまではICカードやテンキーが中心でした。しかし最近は、指紋認証や指静脈認証、網膜認証など、紛失や盗難を防止でき、またより強固なセキュリティを実現できる仕組みも出来てきました。

具体的な管理ルール設定にも進化が見られます。
例えば、
・人に応じて、アクセスレベルを変えられる
・日時によって、アクセス可否を設定できる
・入室・退室で同一のICカードや指紋、または人数でないと出入りできない
・カードリーダーとカードの設定で、オフィス内の移動導線を制限できる
・災害時は電気錠で自動解錠できる
などがあります。

さらに監視カメラについても、通常のカメラだけでなく、360度録画できるマルチアイ・システムのものが積極的に取り入れられるようになっています。

今オフィスのセキュリティ対策が重要視されている3つの理由

【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

昨今のオフィス内でのセキュリティ強化や、セキュリティシステムの進化には3つの理由があります。

一つは、日本における経済犯罪が増加していること。
最新の経済犯罪実態調査(※)によると、過去2年間で経済犯罪・不正の被害に遭った企業の割合は
・2014年:15%
・2016年:23%
・2018年:36%
となっており、年々増加しています。

もうひとつは、それらの経済犯罪が企業の内部者によって引き起こされているということ。
同じ経済犯罪実態調査によると経済犯罪の主犯格は、
 ・内部者:72%
 ・外部者:19%
と、内部者が圧倒的に多く、オフィスのセキュリティ対策を習慣的に行った上で、
企業内で出入りを把握し、保管しておくことが求められています。

最後は、働き方改革の影響で、社員のオフィスの使用頻度が減少しつつあるということ。
いつ誰がオフィスにいるのかが明確でなく、中には、普段はメールやチャット、TV会議などで社員間のコミュニケーションをとっているため
実際に対面したことのない社員がいるという企業もあります。
このような傾向が進むと、オフィスの中にいる人物が不審者なのか社員なのか区別できなくなる可能性もあるのです。

これらの課題に対応する上でも、オフィスのセキュリティ対策というのは今後ますます重要視されると考えられます。

ここからは、オススメのセキュリティアイテムをご紹介していきます。

おすすめのオフィスセキュリティツール1:今あるキャビネットに設置できる“システムセキュアロック”

【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

こちらは、今お使いのキャビネットに加工や工事なく取り付けることができるセキュリティアイテムです。
開閉履歴を記録できる他、利用者アクセスを制限することも可能です。

※商品の詳細はこちら:https://www.itoki.jp/products/officesecurity/seculecti/

おすすめのオフィスセキュリティツール12:今あるキャビネットに設置できる“システムセキュアロック”

【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

こちらは、今お使いのキャビネットに加工や工事なく取り付けることができるセキュリティアイテムです。
開閉履歴を記録できる他、利用者アクセスを制限することも可能です。

※商品の詳細はこちら:https://www.itoki.jp/products/officesecurity/securelock/

おすすめのオフィスセキュリティツール3:鍵をまとめて管理できるボックス“システマキーユニット”

【オフィスデザインと一緒に考えたい】最新オフィスセキュリティ対策

こちらは、現在エントランスや書庫で“鍵”を使用しているという方向けのアイテムです。
すぐに、最新のセキュリティアイテムを導入できないという方は、まず今使用している鍵を安全に管理することから始められるのがオススメです。

※商品の詳細はこちら:https://www.itoki.jp/products/officesecurity/keyunit/


いかがでしたでしょうか?
ここまでオフィスのセキュリティ対策に関する内容をまとめてきましたが、
“自社にどのようなセキュリティアイテムが必要なのか分からない”
“同業・同規模企業がどのようなセキュリティ対策を行っているのか知りたい”
という方は、弊社までお気軽にお問い合わせください!

※参照元: https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/2018/assets/pdf/economic-crime-survey.pdf

ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00