意外と見落としがち!オフィス内の”スイッチ”気にしたことありますか?

 会社員の方は在宅ワークが増えた最近でも出勤することは珍しくありません…
 せっかくならおしゃれなオフィスでお仕事したいですよね!!

 そんな社員たちを前にオフィスをおしゃれにするためには何をしたら良いのか、
 改装しておしゃれにしたいけど、内装や家具を新しくするのには時間やお金も
 かかるし…という社長様、担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 オフィスでは、執務室や会議室の他にも休憩スペースなど会社様の業務内容や
 従業員数に応じて必要な部屋数が変わってくるので、それぞれの目的に合わせて
 部屋を作っていきますよね。

 個人の家やカフェとは違ってオフィスとなると、内装で好きなように遊びたいと
 思っていても難しいですよね。
 たくさんの人が働く空間であるからこそ、騒がしい雰囲気になってしまっては
 仕事に集中できず、改装やレイアウト変更をする意味が無くなってしまいます。

 今回はそんなお悩みを抱えている方の助けになるような内容にできればと
 思っております。
 ぜひ参考にしてみていただければ嬉しく思います。

目次

1.なぜスイッチに着目したのか

意外と見落としがち!オフィス内の”スイッチ”気にしたことありますか?

  画像参照:https://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/haisen/switch_concent/so_style/

 まずはじめに、なぜ今回わざわざスイッチなんて細かい部分を取りあげたのか…
 もっとこだわりたい部分はたくさんあるのに”なんでスイッチ?”、という方
 たくさんいらっしゃると思います。

 オフィスに限らずですが、空間を新しく変化させようとすれば当然大きな部分、
 例えば家具だったり、どんな間仕切り壁をどこに立てるか、全体のレイアウトなど
 に目が行きますよね。

 ですが、視点を少し変えてみて一度だけ細かい部分に着目してみてください。
 ある部屋に入った時、まず最初にやることはスイッチを押して電気をつけること
 ですよね?

 スイッチはどの空間においても人の手の届きやすい場所にありませんか?
 どのような空間でも目立たず分かりにくい場所には設置しませんよね。
 ということは、わかりやすく人の目線の辺りに位置していることになるので、
 何気なく部屋全体を見渡した時に視界に入りやすいポイントになります。

 いざレイアウトを変更し壁紙も新しくして、おしゃれな家具を購入して全体的に
 落ち着いている雰囲気をこだわって作り上げたとしますよね。

 特に気にせず電気のスイッチ部分だけは今のまま使い回したとします。
 完成時にその部分だけ逆に目立ってしまって、”思ってた出来上がりとなんか違う”
 なんて事が起きてしまうかもしれません。
 そんなことになったらせっかくこだわった内装なのに残念ですよね…

 細かい部分でも人の目につきやすい場所とそうでない場所があります。
 そこを無視して、なんでもこだわってしまうと費用も時間もいくらあっても
 足りなくなってしまいます。

 全てにこだわるのではなく、目につく大事な場所だけでも少しアレンジして
 あげるだけで他とは少し違うおしゃれな雰囲気が出来上がります。

2.オフィス空間でもおしゃれで悪目立ちしないスイッチは?

意外と見落としがち!オフィス内の”スイッチ”気にしたことありますか?

  画像参照:https://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/haisen/switch_concent/so_style/

 いわゆるコンセントなどの配線器具はオフィスだけでなくご家庭やカフェなどにも
 当たり前に設置されています。

 コンセントカバーなどはデザイン性があってカラフルなものやおしゃれなものが
 たくさん売られています。
 ご家庭で使用するのであれば、個人の好みで好きなように選択できますが、
 オフィスとなれば話は変わってきます。

 仕事をする場所であり、たくさんの人がいるからこそ選択肢は限られますよね。
 そこで今回はシンプルだけどおしゃれなデザイン性を兼ね備えている、どんなオフィス
 にも合わせやすいPanasonicから出ている「SO-STYLE(ソー・スタイル)」という
 商品をご紹介します。

 SO-STYLEはシンプルなデザインで上品な見た目の配線器具が揃っているので、
 どんな空間でも邪魔をせずその雰囲気に溶け込むことが可能です。
 シンプルながら空間のアクセントとしても機能するので、どのような業種のオフィス
 にも馴染みやすく、使い勝手の良い配線器具です。

 各部屋の雰囲気に合わせてカラーや質感を使い分けるだけではなく、あえて明るめの
 空間にブラックをチョイスしてあげても締め色としてアクセントになります。

 オフィスに合わせて様々な使い分けができるので、細かい小さな部分だからといって
 無視せずに少しだけこだわってみるのも面白いですよね。
 
 細かいからこそ、費用を抑えつつ空間のワンポイントとしてアクセントを加えることが
 可能になります。
 たったスイッチ1つでも細かい部分までこだわることで、部屋全体の雰囲気もワンランク
 アップしたように感じられるのではないでしょうか。

ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00