トップオフィスデザイン実績・事例 > 株式会社日本システムテクノロジー

オフィスデザイン実績・事例

ABW・素材感・造作家具etc…こだわりの詰まったオフィスリフォーム事例(前編)

株式会社日本システムテクノロジー 様

オフィスデザインのPoint

今回は、江東区に自社ビルを構えるシステム開発会社様のオフィスリフォーム事例です。
こちらのお客様にご依頼いただくのは4回目、今回は1階、2階、3階。4階、5階、社長室、そして階段室をオフィスリフォームしました。
●1回目のオフィスデザイン事例はこちら
●2回目のオフィスデザイン事例はこちら
●3回目のオフィスデザイン事例はこちら

今回、大々的にリフォームしたのは、5階の営業フロアと、1階の管理フロア、そして2階の共有フロアです。
壁や床に使用した素材、各所の造作家具やアイテム、色味の工夫など、こだわりの詰まったオフィスリフォームを、ぜひご参考ご覧頂ければと思います。

※本事例は前編と後編に分けてご紹介しています。
前編となります本記事は、5階のオフィスリフォーム内容をご紹介しています。
1階、2階、4階、階段室のオフィスリフォーム内容は、こちらの後編記事でご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

5階フロア

5階フロアは、エントランスを中心に左右2つのエリアに分け、それぞれ雰囲気を変えてデザインしました。

上記の写真は、業務スペースの入り口です。
上部で採用している黒い窓フレームは、お客様がオカムラのショールームで気に入られて取り入れたもの、下部にリアル木材を合わせることでスタリッシュなデザインになりました。

こちらの広いエリアは、明るくオープンな雰囲気にしました。
中央の大テーブルは共有席で複数人でのミーティングも可能な大きさです。また、窓際に面したカウンター席は、仕切りがなく広々としたスペースを確保しています。
床や天井も明るい色味の木目調のタイルを採用しました。
大テーブルやイスは、これまで使用されていたものを転用しています。

Rのカウンターはサイズを合わせて造作しました。

こちらの収納棚はコクヨのもので、飾り棚や裏のOA機器コーナーとの間仕切りの役割も果たしています。

こちらは、リラックスしたい時や個人業務に集中したい時など、静かな環境を必要とする際に最適なエリアです。グレーを基調とした落ち着いた空間デザインにまとめました。

床はまだら模様の高級感のあるタイルカーペットを敷いています。
中央の台は個人用ロッカーなのですが、上が木目の天板になっているのでテーブルや作業台としても使えます。

後日、側面部分にも天板と同じサイドパネルを取り付けて、空間全体のトーンと合わせました。

こちらはファミレスブースです。少人数のミーティングや休憩スペースとしても使えます。各ブースにはインダストリアル調のオシャレな照明を組み合わせました。

こちらは、ブース席です。
防音効果のあるワッフル素材で囲っているので、周りを気にせず一人業務に集中したい時に最適な業務席です。

こちらはカウンター席です。
テーブルはコクヨのものを採用しています。
グレーの同系色のハイチェアを合わせて、カフェBARのような空間をイメージしてデザインしました。

2つのエリアの堺には格子状のウッドルーバーを設置し、閉塞感が出すぎず程よく空間分けできる仕切りを作りました。

5階のフロアは、元々食堂として使用されていたのですが回営業フロアへと全面リフォームしました。
本フロアを使用される20名~30名の席数を確保した上で、ABWを想定した様々なタイプの業務席を作っているのが特徴です。

パントリーコーナーも、業務スペースの雰囲気に合わせてリフォームしました。
こちらの、グレーの壁に合わせて採用したキッチン台はサンワカンパニーのものです。

照明とエアコのスイッチプレートも、全体の雰囲気に馴染むよう、グレーと黒で統一しました。照明のスイッチプレートは、ジンボのものです。

こちらはトイレです。
ヘキサゴン(六角形)柄の木目調タイルと、石目調タイルを組み合わせてナチュラルな雰囲気にデザインしました。

洗面台に設置したサークル型の鏡は造作です。サークルの周りにライトを巻きつけて間接照明となるようデザインしました。

>>後編へ続く
https://work-design.co.jp/showcase/detail.php?c_no=428&test_mode=1

DATA

業種 ソフトウェアの開発・販売
工事内容 1階、2階、3階、4階、5階、社長室、階段室
ビル名 自社ビル
設計・打合せ 2ヶ月 工期 2ヶ月 坪数 約184坪

お問合せ・お見積りのご依頼はお気軽に!

●新オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
●小規模改装などちょっとしたオフィスの手直しまで無料でご提案いたします。