テナントビルに合わせてコーディネートした、レトロでスタイリッシュなオフィス

アオイ工販株式会社 様

今回ご紹介するのは、静岡県の富士山麓に本社を構える製造業のお客様のオフィスデザイン事例です
長年いた西大井のオフィスから、目黒のオフィスに移転するということで、物件の仲介をされた不動産会社サンエスコーポレーション様よりご紹介いただきました。

まず入居されたビルからご紹介したいと思います。

参考サイト:https://www.kencorp.co.jp/office/feature/meguro_villa_garden/
MEGURO VILLA GARDENというオフィスビスなのですが、レトロでとってもお洒落。
今回のオフィスデザインは、このビルのイメージに合うテイストにしようと、インテリアデザインに詳しいお二人、役員の方と東京支社長様とご相談しながら、進めさせていただきました。

こちらはエントランスです。
コーポレートカラーであるブルーを基調に、ビルのイメージに合わせたモールディング(絵の額縁のような装飾)を施しました。小ぶりのペンダントライトを吊るすことで可愛らしさもプラスしています。
正面のガラスは、グラデーションで下にむかって濃くなるようにシートを貼り、オープンな雰囲気ながらもプライバシーが保護できるようにしています。

ウェイティングスペースです。
スカイブルーと白のチェアでカフェ風にしました。窓の外の開かれた景色は開放感がありますね。

バーカウンターつきの給湯室です。床は大理石テイストのタイルを敷き、黒と濃いめのウッディー素材を組み合わせ、スタイリッシュな空間をデザインしました。

ちょっとした休憩コーナーも併設しています。

執務室です。
右側が営業の方、左側が事務職の方、正面がマネージャーの方というレイアウトで、
営業スペースはフリーアドレス、事務スペースは固定席になっています。
事務スペースは横並びのカウンタースタイルにし、フロスト加工のすりガラスを正面に設置することで、閉塞感なく且つ業務に集中できる環境を作りました。

こちらは社員用のパーソナルロッカーです。

こちらはマネージャー用のデスクです。
広めの天板に、同じ素材でまとめた鍵つきシェルターがセットになっています。

こちらは、お客様用の応接室です。ホテルのラウンジをイメージしてデザインしました。
また、奥の柱には本物のブリックタイルを貼り、リッチで重厚感のある空間に仕上げました。
執務室とはガラスで仕切られているのですが、二重ガラスになっており、間に設置されたブラインドが電動で調整できる仕組みを採用しています。

こちらは、社内用の大会議室です。スカイブルーのイスが清潔感のあるスッキリとした雰囲気を作り出しています。大きな窓から自然光が差し込み明るく開放感のある空間になりました。

こちらは役員室です。
写真には写っていないのですが、執務室とはガラスで仕切られオープンな作りになっています。

オフィスリニューアルを機に、今回すべてのオフィス家具を一新されるということで、
オフィス家具メーカーオカムラのショールームをお客様と一緒に見学したり、ネットショップなどをリサーチし、設置するアイテムを一つづつ選びました。

オフィス内で使用する場所や目的に合わせて、本物とレプリカを組み合わせながらコーディネートすることで、満足感のあるオフィスデザインに仕上がりました。

基本データ
お客様
アオイ工販株式会社
業種
流体制御機器関連のバルブ・継手、プラスチックチューブの製造販売
工事範囲
オフィス全体
坪数
100坪
設計打合せ
工事期間
3週間
ご相談・お見積りの依頼は
お気軽にご連絡下さい!
  • オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
  • デザイナーが直接ご相談に対応させていただきます。
ご相談・お見積り・無料提案はこちら 03-3769-2280
受付:平日9:00~18:00