トップオフィスデザイン実績・事例 > 日本ウォーターズ株式会社

オフィスデザイン実績・事例

ガラスで透明感を表現した、企業ブランドを高めるオフィスリフォーム

日本ウォーターズ株式会社 様

オフィスデザインのPoint

今回ご紹介するのは、分析機器(液体クロマトグラフや質量分析計)およびその関連製品の輸入、販売、サポートをされているお客様のオフィスデザイン事例、米国に本社のある外資系企業様です。

こちらのお客様とは10年以上のおつきあいで、これまで過去3回ほどオフィスデザインをお手伝いさせて頂いたことがあります。
※以前のオフィスデザイン事例はこちら

今回も、これまでの実積とご提案させて頂いたデザインをご評価頂き、ご依頼に至りました。

オフィスの場所は北品川、改装されたのは、受付、ディスプレイコーナーを含むエントランス、そして会議室です。全部で400坪ほどあるオフィスの約200坪をリフォームしました。
これまでの木目調と白を中心としたイメージから、グレートと白に一新し、オープンな空間にすることで企業ブランディングを強化されたいとのご要望を頂きました。

こちらは受付です。デザインは大きく変えず、以前の色味を黄色がかった木目調から、グレーの木目調に一新、シックで落ち着いた雰囲気に変わりました。


こちらはディスプレイコーナーです。
以前は、黒い棚だったのですが、今回はガラス素材を使用し、サイドの壁も、木目調から白にすることで、より透明感のある印象に変わりました。


こちらはお客様の製品や事業内容を表現したパネルです。お客様から支給して頂いた写真素材を拡大し、マグネットにして貼り付けています。


こちらもお客様からご提供頂いた素材を加工して会議室のガラス窓に貼り付けています。


会議室内にもパネルを飾りました。会議室はどうしても無機質になりがちですが、このような装飾を加えることで、その企業らしさを出すことができます。

分析機器という専門的で一般的にはイメージしづらい事業ですが、このように、オフィス内の特に来客の目に届く場所でビジュアル化して表現すると、企業のブランドやそのストーリーを外部関係者にも分かりやすく伝えることができます。


こちらは製品のリペアセンターです。以前は、窓とドアにスモークが貼られていて、外からは内部が見えない作りだったのですが、今回のリフォームを機に、全面透明ガラスに変えました。作業風景を来客されるお客様にも見てもらおうという試みです。また、社員の方にとっても、見られているという意識を持つことで、モチベーションが上がると共に、部屋を常に綺麗に整理整頓しようという意識は生まれるそうです。

ドアは、大きな機器を手に持ったままリペアセンターへ入れるように、開きドアからスライド自動ドア式に付け替えました。


こちらは、ラボルームです。製薬、食品、環境、化学工業、ヘルスサイエンス分野における最先端テクノロジーを装備した機器が見学できる部屋です。ガラス張りの窓で、オープンな作りになっています。

こちらは、執務室です。今回弊社がデザインし2年前にリニューアルしたデザインです。営業フロアーでフリーアドレスの執務スペースの中にディスカッションしやすい丸型のデスクを採用していますね。また、ソファでリラックスして話せるスペースや、最近流行しているスタンディングテーブルも設置されており、状況に応じて使い分けできるようになっています。


こちらは休憩スペースです。窓面に設置されたハイカウンターは、一人で集中したい時に活用できますね。ウォーターサーバーや自販機、冷蔵庫など嬉しい設備が整っていますね。

今回、平日は同じオフィスで社員の方が通常業務をしながら、休日のみを工事にあてるというスケジュールで進めました。このような仮オフィスを設けない方法は、社員様の負担が少なく、またコスト削減もできるというメリットもありますが、一方で工事期間が長くなってしまうとデメリットもありますので、オフィスリフォームをされる状況に応じて選択する必要があります。

DATA

業種 分析機器(液体クロマトグラフと質量分析計)およびその関連製品の輸入、販売、サポート
工事内容 受付・エントランス・会議室周辺
設計・打合せ 工期 お問い合わせから工事完了まで6ヶ月 坪数 200坪

お問合せ・お見積りのご依頼はお気軽に!

●新オフィスの図面にあわせ無料でご提案いたします。
●小規模改装などちょっとしたオフィスの手直しまで無料でご提案いたします。